WEBデザイナーに関する情報が満載!

WEBデザイナーの仕事とは?グラフィックデザイナーとの違い

WEBデザイナーは、WEBサイトのデザインや設計を行う専門的な職業です。
WEBデザイナーは、美的センスや画像処理の技術はもちろん、プログラミングの知識、WEBを使う人のことを考えた情報設計など、異なる方向の複数の技術を必要とするところがグラフィックデザイナーとの違いです。
WEBサイトのデザインは、デザインソフトで画像処理をするだけでは成り立ちません。
HTMLやCSSなどのプログラミング言語を使い、レイアウトや文字の大きさ、背景色などを指定し、画像や文字をきちんと組み立てて行く必要があります。
また、WEBサイトがグーグルでの検索などに引っかかりやすくなるように設計したり、どのブラウザ環境から見てもレイアウトが崩れず、誰にとっても見やすくするなどの工夫もしなければなりません。
さらに、WEBサイトを見てくれる方が使いやすいように、ボタンは情報が見やすくわかりやすいか、入力フォームは住所などの入力がしやすいかなど、使う人の立場に立った配慮も大切です。
最近ではスマホサイトやアプリのデザインなどの需要も高まっています。
WEBの世界は技術の進歩が速いため、向上心を持って最新の技術を勉強してゆくことも必要になります。

デザインの基本を身につけることが重要なWEBデザイナー

WEBデザイナーになって何年も経験を積んで素晴らしいホームページのデザインができるようになると、独立してフリーランスになって大きく稼げる可能性があります。
デザインのセンスを上げるためには、多くの素晴らしいデザインのホームページを見ることと、何度も試行錯誤しながらデザインをし続けることが大切です。
どこにでもある平凡なデザインのホームページを見に来てくれるユーザーはほとんどいないので、他のサイトにはないようなオリジナリティのある魅力的なデザインをする工夫が必要です。
初心者にはカッコイイデザインは難しいと思われがちですが、初心者でも簡単にデザインができるソフトを使うことで、本格的なデザインをすることが可能です。
また、レベルの高いデザインをしたいならば、プロが使う値段が高いソフトを使うとプロっぽいデザインができます。
ただ、プロが使うようなソフトは高機能で、覚えなくてはならないことがたくさんあるので、しっかりホームページのデザインの基本を身に付けてからプロが使う高いソフトを買うべきです。
素晴らしいデザインの技術を身につけると高い年収を得られるプロのデザイナーになれます。
また、短期間でデザインのテクニックを磨くためにセミナーに何度も通うことは適切なことです。

recommend

ギフト ハム
http://www.hamukoubou.jp/category-gift.html
大宮 矯正
https://yanasekyousei.com/
福岡で不用品回収
http://fukuoka.fuyouhin-kaitori-center.com/

Last update:2017/5/24